« 昭和30年代の北海道02 | トップページ | ボゥ~鉄 »

昭和30年代の北海道03

a01-05

気づけば連休、気づけば更新が2週間滞り、今年も目黒のサンマ祭の時期になってしまったなぁ。ま、祭りといっても何のことは無い、落語「目黒のさんま」にちなんでサンマの塩焼きをかぼす付きで振る舞うという、商店街の振興行事なんですけどね。

さて今回の画像は、やや鉄?って感じですが釧路の太平洋炭鉱の事務所です。事務所の前に立つおじさんは鉱夫ではなく案内係の人、二枚目の鉱車を前にしたスクーターのエンジンカバーの部分に、判り辛いですが薄く太平洋炭鉱の文字が。

a01-04

|

« 昭和30年代の北海道02 | トップページ | ボゥ~鉄 »

コメント

mizuさん こんばんは。
 板壁と板敷きの入口 いいですね、遠い記憶が蘇ります。ここで使われたかどうかは解りませんが、コールタールを塗った茶色い板壁と鼻につく臭いを思い出します。

投稿: はまとん | 2005.09.20 23:45

はまとんさん、こんばんは
木材防腐剤のクレオソートなんかも、よく使われてましたね。今じゃ有害物質として使用禁止だそうですが。
あと北海道の建物だと、やはり二重窓は欠かせませんね、模型化は面倒ですが。

投稿: mizu | 2005.09.21 19:42

この記事へのコメントは終了しました。

« 昭和30年代の北海道02 | トップページ | ボゥ~鉄 »