« 鶴見線の17m旧国 | トップページ | 鶴見線の73系お別れ運転 »

邦画の中の鉄道05

今回は「時代屋の女房」
14日に日テレ系の2時間ドラマでやってましたね。最初に映画化された時のキャストである渡瀬恒彦がそのまま同じ役で出てました。今は亡き夏目雅子がやった時代屋の女房役は大塚寧々へ。
しがない中年男が営む古道具屋に、ある日突然謎の美女がおしかけ女房になってしまうなんちゅう話、おじさんのメルヘン丸出しだなあと、今回のドラマを見てつくづく感じましたねえ~。大塚寧々はやはり夏目雅子と比べられるプレッシャーはあったんでしょうけど、思いのほか良かったんじゃないでしょうか。

そしてなんと舞台となる時代屋のロケ地が、家から歩いてほんの数分のとこにあるにもかかわらず、こんなドラマ撮ってたなんてちーとも知りませんでした。で、鉄道のシーンはといえば必然的に京急北品川駅周辺が何度となく出てまいります。あとは渡瀬と大塚が湯治に行くのがいすみ鉄道~小湊鉄道沿線で、上総中野駅や小湊、いすみ、それぞれのディ-ゼルカーもチラっと映ります!

ちなみに映画版の方も昨年ビデオで見返してたんですが、細かい情感の描写なんかは映画の方が豊かだったかも知れませんね。こちらの舞台は小説に忠実に太井町の三又で、実際にモデルとなった古道具屋を使ってロケしてましたね。なんといっても夏目雅子の小悪魔的でどこか謎を抱え持った役は絶品でした。
鉄道シーンは太井町駅のシーンで京浜東北線の103系が出ております。ちなみにクリーニング屋の女将の役で天空の城ラピュタの味のある女海賊ドーラの声をやった初井言栄さんも出てましたっけ・・・

|

« 鶴見線の17m旧国 | トップページ | 鶴見線の73系お別れ運転 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。