« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

邦画の中の鉄道05

今回は「時代屋の女房」
14日に日テレ系の2時間ドラマでやってましたね。最初に映画化された時のキャストである渡瀬恒彦がそのまま同じ役で出てました。今は亡き夏目雅子がやった時代屋の女房役は大塚寧々へ。
しがない中年男が営む古道具屋に、ある日突然謎の美女がおしかけ女房になってしまうなんちゅう話、おじさんのメルヘン丸出しだなあと、今回のドラマを見てつくづく感じましたねえ~。大塚寧々はやはり夏目雅子と比べられるプレッシャーはあったんでしょうけど、思いのほか良かったんじゃないでしょうか。

そしてなんと舞台となる時代屋のロケ地が、家から歩いてほんの数分のとこにあるにもかかわらず、こんなドラマ撮ってたなんてちーとも知りませんでした。で、鉄道のシーンはといえば必然的に京急北品川駅周辺が何度となく出てまいります。あとは渡瀬と大塚が湯治に行くのがいすみ鉄道~小湊鉄道沿線で、上総中野駅や小湊、いすみ、それぞれのディ-ゼルカーもチラっと映ります!

ちなみに映画版の方も昨年ビデオで見返してたんですが、細かい情感の描写なんかは映画の方が豊かだったかも知れませんね。こちらの舞台は小説に忠実に太井町の三又で、実際にモデルとなった古道具屋を使ってロケしてましたね。なんといっても夏目雅子の小悪魔的でどこか謎を抱え持った役は絶品でした。
鉄道シーンは太井町駅のシーンで京浜東北線の103系が出ております。ちなみにクリーニング屋の女将の役で天空の城ラピュタの味のある女海賊ドーラの声をやった初井言栄さんも出てましたっけ・・・

| | コメント (0)

鶴見線の17m旧国

>みのるさん
お気遣いありがとうございます。
だいぶ食欲も戻ってきまして、自分では良くなってるんじゃないかと思ってるんですが、まだ油断するなと医者からは釘を刺されています^^ それにつけても医療費ってかかるもんですねぇ~、清算するまで金額が判らないのも怖いですし。
みのるさんのところからだと、南武線あたりは中途半端な距離かもしれませんね。かえって遠くの方がふんぎりつけて出かけられるのかもしれませんね。

a16

今回の鶴見線の17m旧国時代は、前に五日市線の時にも話題に出た友人に連れていかれた時のものです。そうですこの時も例によって嫌々気味だったんですよね、なんだかなぁ~。で、マトモな走行写真は無く、どういうわけか部分写真ばかり撮ってたようです。のちにここが73系に替わった後に17m旧国に興味を持ち始め、いさみやのペーパーキットをがしがし作った覚えがあります。

a11

a11

a11dt12

a11tr10


| | コメント (2)

南武線筋の電機

前から様々な撮り逃したものを悔いてきましたが、それでも遠い地であれば諦めもつきやすいんですが、ごく近辺のものなのに撮ってない・・というのは結構悔しさが後を引きますが、それが僕にとっては青梅線~南武線~浜川崎線~鶴見線の旧型電車及び電機牽引の石灰石列車です。

通勤通学時によく見かけながらも、そういうとこはえてして、休日にあえてカメラを携えてまで出かける気にならず、てな事ありませんか?僕の場合それに加えてこの路線は京浜工業地帯のド真ん中を走ってるが故、印象として汚いというイメージが強かった事も、遠ざかった理由だと思います。それは僕自身が、ヘドロとスモッグ真っ盛りの時期にこの周辺で過ごした事の反動だったのかもしれません。
後々その嗜好が、軽便を経て怪しい専用線や産業鉄道に辿り着くにいたって、やっとあの工場街の鉄が錆び朽ちていく魅力に行き着いたのは、きっと僕の心の原風景の中にすり込まれていたものが、呼び覚まされたせいだと思うんですが・・・・。

その頃からお決まりのフレーズ・・・・ああ鶴見線の17m旧型車群、73系、ED16などなど、もっと撮っておけば・・のオンパレードになるわけです。気付いた頃には73系のラストランや大川支線のクモハ12がなんとか間に合っただけ、という感じでした。

aed16

aef15

かろうじて撮ったED16は浜川崎にたまたま停まっていたところ、EF15は確か青梅鉄道公園に行く途中の拝島あたりで、これもたまたま撮ったもの。
ごく最近ED16はワールドから出てるようですし、EF15は天賞堂から発売間近らしいですね。後はホキさへ調達すればもう気分は南武線。

| | コメント (1)

邦画の中の鉄道04

うわっ、前回途中までしか書いてない記事をアップしてしまいました・・・情けない。
それとせっかく色々選べるようなので、テンプレートをまた変えてみました。

「四つの恋の物語」「青春のお通り」ともの1965年で吉永小百合主演
両作品ともプックラほっぺの小百合ちゃん主演ですが、今の落ち着いて上品なおばさまとはまったく違うちゃきちゃきした娘役にはピッタリの女優さんだったんですねえ。相手役は決まって浜田光夫なんで、この頃の作品はどれがどれか判らなくなったりするんですが、ホームドラマとしてキッチリできてるから安心して見れます。

鉄道シーンは思ったほどなくて、「四つ~」の方はセドリックやグロリア、米軍払い下げらしきトラックに紛れて都電8000型が一瞬、「青春の~」の方は大阪から始まるんですが阪急の旧型車が出てきます(形式は判らず・・・) また今現在保存で揺れる国立駅舎やその周辺が出てくるんですが、まだどこか田舎の風情を漂わせてて良い雰囲気です。それと開業してすぐの新幹線も出てきます。

| | コメント (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »