« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

落穂拾い・木曾篇04終

落穂の中のそのまた落穂という感じで・・・

2035
C型の下回り

2034
C型の車内、模型化にはちょっとてこずりそうな形状のシートですね(というかパイプイス?)

2039
王滝№1のブレーキハンドル部分

2043

2044
上2枚は王滝№1の車内、スプリングが今にも飛び出してきそうなシートですが、内部は網棚や室内燈もあるし造りはしっかりしてるように見えますね。

| | コメント (0)

落穂拾い・木曾篇03

4c24

この時、大鹿にいた客車はB型小型2輌、C型1号、王滝№1、それに貴賓車、理髪車の計6輌でした。このうち貴賓車に関しては、なぜかとりこぼしてしまってます・・・

3037
理髪車、車内は撮ってませんでした・・・・

3033
C型1号、乗工社はなぜこっちのタイプを作らなかったのか・・・

3041
王滝№1のデッキ部、車体の色は退色してしまったか、それとも元から違う色に塗られていたのか、灰色というか暗い藤色というか、とにかく微妙な色合いでした。

3061
ついでにカブースも

| | コメント (0)

落穂拾い・木曾篇02

4047

01から一年以上経って02とは・・・
木曾の大鹿の画像で、画像倉庫から外した写真・・要はクズ写真・・・の中から拾い上げてお茶を濁して見たいと思います。
この時は自分では撮りこぼしが無い、というくらいのつもりで撮ってたはずなんですが、見返してみるとストラクチャー関係はまったく素通りだし、車輌に関してももうちょっと細部をキチッと撮っておけば、と後悔する状態でしたねえ。やはり雑誌に記事をルポするレベルって、意外とハードル高いんだなあと実感します。ま、その前にピントくらいちゃんと合わせろよって話ですが。

今回は運材台車関係を。

1036

1046

1058

1063

| | コメント (0)

一期一会のDD11

add11ogoorimono

元々カラーなんですが、どういうわけか右半分が変色してしまいまして、フォトショップでモノクロにしてみました。
場所は小郡機関区、この時は確かラウンドハウス内に保管されてるC62-1が目当てで、連続するコマに写ってるんですが、正確な日時とその前後の経緯はすっぽり記憶が抜け落ちております・・・。

最近もボチボチと邦画を見ては鉄道シーンをチェックしてますが、なかなかコレ!というのはありませんね~。
まあ、草軽が出てくる「カルメン故郷に帰る」など軽便や希少な専用線、軌道などがホームラン級だとすれば、地方のローカル私鉄が三塁打、大手私鉄で二塁打、国鉄だとヒットってとこですかねえ。
昔の邦画は場面転換というとかなりの確率で鉄道、特に国鉄のシーンが挟まりますけど、車輌がハッキリ認識できる事は意外と少ないかもしれません。ここらあたりはフォアボール程度でしょうか。
小林旭の渡り鳥シリーズなどはどれもパターンが同じで、ラストは必ず小林旭が船か客車のデッキに佇み、そのまま去っていくのを浅丘ルリ子が見送る・・・ということになっております。

たいていの作品はすでに探し尽くされてるとは思うんですが、60年代に大量生産されたB級C級のプログラムピクチャーの中に、あっと驚くような鉄道が写ってることを期待してるんですけど。

| | コメント (0)

吹雪の別府鉄道お別れ運転02

adb201dc30204

別府港構内に展示されていたDB201とDC302です。
こうして雪まみれの状態で見ると、模型の世界で北海道の炭鉱鉄道に在籍しているDL、という設定にしても通用しそうですね。

adb20102

adc30202

adc30203

adc30206

| | コメント (0)

吹雪の別府鉄道お別れ運転01

add135105

この時たまたま関西に用事があったので、日にちを調節して別府鉄道の最終日に行くことにしたんですが・・。
それが当日とんでもない大雪に見舞われまして、スニーカーにジーパンといういでたちで出かけて、とんでもない目に遭いました。駅からちょっと歩いただけで、スニーカーはグショグショで足先が痛い冷たい、しかも撮るべき列車は吹雪の中でよく見えず、ここはどこだぁー!と叫びたくなったの覚えています。

行きは野口から別府鉄道に入ったんですが、そこから別府港へ向かうキハの車内は、別れを惜しむファンらで満員の状態でした。それから何駅か進むうち、駅に停まるたびに何やら車外で怒鳴りあうような声が・・。まだ寝ぼけまなこ状態だった僕はさほど気にも留めていなかったんですが、どうやら駅に着くたびファンが外で写真を撮り出して、中々発車できないので車掌がイラついていたらしいのです。そしてとうとうファンと車掌が喧嘩になってしまいまして。お互い関西弁でまくし立ててるからでしょうか、関東者の僕には余計に激しい言い合いに聞こえてしまいました。

僕の隣の初老の鉄ファンらしい2人連れの方々が、小声でやり取りしてました。
「何もこんな日にピリピリしないで、大目に見てやれば良いのに」
「いや、車掌も含めて皆明日からそれぞれ職の心配があるんだろうし」

それから終点まで車内は一気に殺伐とした緊張感に包まれ、車外の雪景色ともども寒々とした心持ちでキハに揺られていったのです。

a10103

a201

a502

a705

a01
別府港駅構内、運行に使用する以外の車輌、DLなどが展示してありました。ディテール写真を撮るべく足回りなど這いずり回りましたが、雪のハイコントラストで細部の潰れた写真の山となりました・・・・。

a10101
結局、雪中行軍で別府港から一駅歩いたところで精魂尽き果て、上を走る山陽電鉄で大阪に戻りました。

尚ここからもリンクして頂いてる駄菓子さんのサイト「二邑亭駄菓子のよろず話」には、この鉄道が本来持っている魅力的な姿が見れますので、どうか堪能してみてください。

| | コメント (2)

武蔵白石のクモハ12

ba1250

大川支線のクモハ12に関しては近年まで残ってたので、ネット上でも雑誌媒体でも多く取り上げられてますよね。上のクモハ12はまだ鶴見線に17m車が走ってた頃のものですが、下の80年代に撮った画像と比べると、ホームに屋根が付いてクモハ12の向きが違ってるようです。

ba1203

ba12

ba12

ba1202

ba12
関東ではこのクモハ12のおかげで、若いファンでも戦前製旧型車の質感を、身近に感じる事ができましたよね

a73

a79
上2枚は武蔵白石での鶴見線73系

| | コメント (0)

鶴見線を走ったクモハ12

a125010t

今回は大川支線用のクモハ12が、イベントで鶴見線内を運行した時のものです。
これ以前にもクモハ12が一時期鶴見線内を運行してた時もありましたが、このイベントの時のように2連で走る事は無かったようですね。

a125006
弁天橋方面から鶴見小野駅を望む。遠くに石原裕次郎の眠る鶴見の総持寺の屋根が見えますね

a125005
浅野駅

a125003
浅野付近の運河

a125008
鶴見小野ー弁天橋間、光の加減で側面のリベットが目立ちますね


| | コメント (0)

浜川崎線の17m旧国

ってタイトルつけるほどの写真じゃないんですが。高校時代に川崎新町に友人がいたので、遊びに行ったついでにちょくちょく撮っていたものです。

当時浜川崎線は南武線尻手から浜川崎まで、クモハ11+クハ16の2両編成が行ったり来たりしてました。確か鶴見線の17m旧国が無くなった後も、ここと大川支線にだけは残ってたんですよね。

a11

a16
上二枚は郷ひろみのお父さんが勤務していた事で知られる?尻手駅です。傍らに当時まだ南武線の73系が行き来してたんですが、まともな写真が残ってないのが悔しい・・・

a1116

a11

a1102ta
ここは友人の家の近くである川崎新町駅近辺の駐車場からの一枚です。浜川崎線沿線ってこんな感じの殺風景なとこばっかりでしたね。

a11a
終点の浜川崎駅です。南武線の貨物専用の構内の片隅にひっそりとあるという感じの駅ですね。

蛇足ですが、初めてコダクロームだかのスライドフィルムを買った時、ここ浜川崎や大川支線へ試し撮りに行きました。しかし、露出の難しさに見事に失敗してしまいました。
スライドってスキャンしても、ソフトで露出補正はあまり効かないんだろうなあ・・・。

| | コメント (0)

鶴見線の73系お別れ運転

a7302a

今回は鶴見線が、1980年1月に73系っから101系に切り替わる時に行われたさよなら運転の画像です。
以前にもちょこっと書いたように、73系時代はまったくといっていいくらい写真は撮ってなかったのですが、最後くらいはと、いそいそと出かけました。でもお手軽に2回のチャンスともホームでの撮影となりました、単に「「来た、撮った」というやる気の無さそうな写真で申し訳無いですが。

上は五反田駅のホームからとらえたもの、下は浜川崎線の八丁なわて駅でいずれも回送状態。一番下はその時のついでの一枚EF65の単機回送。結局肝心の鶴見線内で撮らなかったんですよね・・・・。

a7302a

aef6550001ca

| | コメント (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »