« 日中線 | トップページ | まだ・・・生きてます »

ひっそり模型再開

A115_1534

自律神経がやられてからというもの、片手で長く物を持っていると志村けんがコントでやる老人のごとく、プルプルと手元が震え出してしまう始末で、パソコンのタイピングもかつての調子で叩くと、指がもつれてミスタイプばかり(以前よりそんなに早くは無いですが)。
そんな状態じゃまともに模型製作などできるはずも無く、しばらくご無沙汰の状態が続いていました。もちろん模型誌自体は毎月目を通していましたし、サイト上で見させて頂く作品に刺激も受け製作意欲だけはあったのですが。

今の状態で何をどの程度できるのかツラツラ考えてみると、やはりNはおろかHOサイズ、特に好きなナローさえもちょっとままならない大きさかなぁというのが現状でして。そこで思い至ったのがOスケールならばなんとかなるのでは?っちゅー事です。しかもキットだと失敗するともったいないし、ハンダ付けも手元がおぼつかない状況では危ない、ってことで紙で自作になりました。

例によって元気な頃でさえ手の遅かった自分ですので、完成するのにどんだけかかるか判らないんですが、とりあえず1ミリのイラストボードから切り始めました。お題は馴染みのある九十九里のキハ(の廃車体)と、そのジオラマを目論んでるんですが・・・・。

|

« 日中線 | トップページ | まだ・・・生きてます »

コメント

★ マイペースで復帰されますよう。
  きっと良いリハビリになりますよ。
  好きな模型作りで、長続きしますし。。

投稿: SDTM | 2006.04.25 13:44

SDTMさん、コメントありがとうございます。

医者からもリハビリにはいいんじゃないですか?と言われました。
焦らない事って難しいですけど、重要ですよねえ。

投稿: mizu | 2006.04.27 05:16

mizuさん こんばんは、ご無沙汰しております。

 私も数十年ぶりに始めました時にはそうでしたがいざ始めるとなるとなかなか腰が上がりませんでした。
図面や細い窓の仕切など お見受けする処、どうしてどうして テキトーな私よりずっと丁寧にされておられます、私は気の向いた時に一気にでっち上げていますが楽しんでやることが一番だと思いますので 気長に応援しております。(何時の日かは・・・)

投稿: はまとん | 2006.04.30 22:27

はまとんさん、コメントありがとうございます
1ミリ厚のイラストボードじゃ窓を切り抜くのが難儀そうだったので、
窓柱は後から別付けすることにしてしまいました。
果たして曲がらずに付くかどうだか、でな感じでありますが、
なんだかOナローにはまりそうで~す。

投稿: mizu | 2006.05.02 01:02

この記事へのコメントは終了しました。

« 日中線 | トップページ | まだ・・・生きてます »