画像倉庫について

a309

過去の記事については、容量の問題からポップアップを削除して、サムネイルだけ残していくつもりなんですが、その分画像倉庫には、ここでアップしたものより若干大きくリサイズして載せていく予定です。まあ画像倉庫も容量の制限があるので、主だったモノを選択して・・・という事になりそうですが。
しかしカテゴリー分類も、建築散歩の様に記事件数が多いとかなり重くなってしまいますね・・・これもある程度のところで分割しないと、ですね。

つうかシリーズをまとめたモノと、本来のカテゴリー分けのモノとを一緒くたにするのは、なんか違うような気もしますが、あくまで便宜上と言う事で・・・

| | コメント (2)

ほんとに最後の尾小屋その10終

03zzz

そして、ほんとに最後で最後の尾小屋鉄道の夜です。あと車輌関係の画像も若干あるんですが、保存車として残ってる事もあるので、とりあえずこれで打ち止めにしようかと。

たった二日間の逢瀬でしたが、最終列車の時間が近づいてくるにしたがって、職員や関係者の方々の雰囲気から何十年も積み重ねてきた鉄道が無くなるという事の重みが、じんわりと伝わってきましたね。

18cbb

20cnn
切符売り場の窓には、記念切符やレールを輪切りにした文鎮販売の告知、そして真ん中に貼られた17時30分以降、無料で乗車できる旨の貼り紙が一層の寂しさを誘う。

07xx

13vv

11ccc
そして永遠の彼方へ・・・と言っても車輌達のほとんどは彼方から戻って来ましたが


| | コメント (2)

ほんとに最後の尾小屋その9

5a003

画像中心に適当なペースで更新してきましたが、そろそろ容量が満杯になってきましたね。ってことで最初の方から削除して行こうと思います。過去のネタも大分残り少なくなってきた事もあるんで、画像無しの映画の話題とか、東京の古い建築物の画像とかも織り交ぜて行こうかと。

最初の方で、尾小屋のさよなら運転についてあーだこーだ文句を言いましたが、「この時」でなければ今回のような、DC122牽引による客車列車なんかは見れなかったはずですし、やはり得るものが多かったのは事実ですね。
小刻みにシャカ、シャカ、シャカと聞こえるロッドの音は、今でもはっきり思い起こせます。

5a005
新小松ー西吉竹の間には広々とした水田が拡がっています。誰もが考えるアングルは同じなようで、数少ない順光でバックに家の入らない場所は、すでに鈴なりの人でした・・・

5a015
満員のホハフ3車内で、潰されそうな男の子を乗せ・・・・

5a017
・・・列車は遠ざかっていく

5a021
時おり小松基地を飛び立った自衛隊機の爆音が聞こえたっけなあ。

| | コメント (2)

ほんとに最後の尾小屋その8

あららぎさんの要望があったんで、新小松の機関庫の別カットを探して見たんですが、同じような視点の画像ばっかりで(泣 まあ建て増しで複雑な様相を呈してるため、中々全体像を把握するのが難しいタイプの庫ではありますよね(なんて言い訳をしたりして・・・)
あららぎさん、すまんっス。

E01
前に載せたモノより、やや左に寄った画像です・・・ってほとんど変化ないか(笑

Q20
まあピンボケなんですが、色味はこんな感じだったという程度で

Udc12283
これもかろうじて、機関区事務所の側面が見えている、という程度ですが・・・阿部さんの記事(ナローゲージモデリング所載)の新小松の配置図による、車輌検修工場とバス修理工場の間がどーなってるのかは、よく判りませんでしたね

Y11
あと機関庫本体の事じゃないんですが、はまとんさんの写真や阿部さんの記事と比較すると、この写真の位置にはガソリン給油所は無かったようですね

| | コメント (2)

ほんとに最後の尾小屋その7

その日、金平から大杉谷口~西大野と撮影しながら歩いていきました。途中で雨模様になるわ、足のマメが潰れて血染めのスニーカー状態になるわで散々でした。実はその足も記念に撮ってあるんですが・・・自分では勲章のつもりだったんでしょうかね、今にして我ながら理解に苦しみますよ~。

5a002

5a01n
上二枚は大杉谷口の駅とそのすぐ近くにある鉄橋です。列車はどれも溢れんばかりの乗客

8a01v

8ax

8a002m
上三枚は西大野です。そういえば金平といい西大野といい、模型化したくなるような良い雰囲気の島式ホームの駅ですね

5a004
ここは西大野~花坂ですが、かなり本降りの雨が・・・・

8a03c
そして最後にピンボケで申し訳ありませんが、花坂から西大野の集落に入ってくるアプローチ部分です。典型的な日本の農村集落の趣と軽便の組み合わせは、たまりませんなあ

| | コメント (3)

ほんとに最後の尾小屋その6

7a09

そしてまた尾小屋・・・また金平の情景です。

7a08

7a02c

7a05t

7a10

| | コメント (4)

ほんとに最後の尾小屋その5

尾小屋が続いてしまいますが・・・。尾小屋鉄道は廃止直前に雪崩により倉野口と終点尾小屋の間が不通になっており、バス連絡になっていました。結局僕も金平から奥には行かずじまいでしたが、この駅も随分と写真の題材として登場しますよね。

6a12
奥に見える集落と駅との間には、川が流れています。こちら側は開けた水田が広がっていて、少し離れたところから見ていると、ほんとにレイアウトの一場面を見ているような趣でした

6a13a
島式のホームにポツンと取り残されているホハフ8

6a14
尾小屋方面よりキハ3がやって来る

6a15
そしてホハフ8の反対側に到着

6a16
一旦新小松方面に発車してから

6a17
バックしてホハフ8と連結

6a19s
そして2両編成で新小松へと・・・

| | コメント (0)

ほんとに最後の尾小屋その4

保管されていた頚城の車輌が話題になってますね。ホジ3やDC92あたりの状態はかなり良さそうですが。その他のニフやハなどの木造車はかなりの補修が必要らしいですが、それもむべなるかな。形が残ってるだけでも驚くべき事ですよね。
尾小屋に続いて未電化の軽便が動態保存されれば、こりゃ凄い事です。予算なども含めて難問山積だと思いますが、気長に粘り強く活動してもらいたいし、僕自身もどういう形でできるか判りませんが、なんとか応援していきたいな~。

9a01
今回も、機関庫に続いて地味に線路端の風情を・・・・
これは新小松付近の線路ですが、周辺住民の生活道路として普段から使われてるからか、歩行者によって砂利の部分が踏み固められて枕木が露出気味になってる、と推理してみたりして。
併用軌道でも人が入り込まないとこは枕木が土に埋れてるような気もするんですが、どうでしょう

9a02t
何かレール側面に浮き出てますが読めません・・・上と同じ地点

9a03
これは新小松と西吉竹の間くらいの線路です。上の新小松付近と比べるとかなり道床もしっかりしてるようですね

9a04
こ、これはエコー製の製品そのもの!!

| | コメント (2)

ほんとに最後の尾小屋その3

3a03z

紅白の垂れ幕で飾り付けられた駅舎の周りに比べて、機関区の方は意外とヒッソリしていました。半分以上の敷地はバス用地に占められていましたが、こじんまりとまとまった好ましい雰囲気を残してましたね。
車輌は幸運な事にほとんどが保存されて、今でも見る事ができますが、この機関庫裏の風情はもう模型でしか再現できないのかなぁ。ということでついつい枚数も多くなってしまいます。

4a002
駅舎から機関庫へのアプローチはバスとの共用のため、ポイント部にも敷板が

4a07
本線の横に積み上げられた廃タイヤがバスの勢力を物語ってるか・・

4a07z
鉄道用の車庫は一番右のみ

4a06z

4a09z
やはりボンベは欠かせませんね

4a12z
隣の車庫に面した詰所の裏は、作り付けの棚に鋼材やスノコ、ドラムカン

4a13z
機関庫側面にある出入り口、羽目板も庇もボロボロでイイ感じ

4a16z
出入り口の所から前方を見る。この朽ち方がたまりません

4a17z
片隅にまとめられたスノウブロウ、赤かったのでDL用かも

4a15z
機関庫内部、ストロボが無くて外光が届く範囲だけ

4az
一番奥に押し込められてたアーチバー台車、欲しいー!

4azzz
構内に建てられていた労働組合の事務所

| | コメント (3)

ほんとに最後の尾小屋その2

2a0301

前面のヘッドマークはいいとして、やはり車体にグルリと引き回された安っぽいモール状の飾りは、逆に一層の侘しさを強調してしまったような印象を受けたんですが・・・。ということで現役時代の尾小屋を記録したお勧めのサイト浜頓別さんのとこも見てみてください、いいっすよー。

2a0dc12106

2a0103
機関庫のすぐ裏は社宅っぽい平屋が並んでいました。玄関は線路に面しており、線路がそのまま生活道路として使われているようでした。

2a004a

| | コメント (0)

より以前の記事一覧